C言語 入門 小学生でもわかるC言語2

二日目 関数(他から受け取る)

「わかりやすく!」がテーマです!

HOME/小学生でもわかるC言語2 目次/二日目 関数(他から受け取る)/

広告

↓2016年02月29日発売↓

12歳からはじめる ゼロからのC言語 ゲームプログラミング教室

新品価格
¥2,462から
(2016/5/10 22:16時点)

もっと!C、C++言語本

目次へ戻る

?と思ったら

わからなそうな用語集

他の関数から数字や文字を受け取る

前回に続いて関数の使い方です。

今回は他の関数から数字や文字を受け取る方法を見ていきましょう!

数字を受け取る

/*プログラム9*/
#include <stdio.h>

int func(void);

int main(){
	
	int suji;

	suji = func();

	printf("関数funcから受け取った数字 = %d\n",suji);

	return 0;
}

int func(){
	return 10;
}

■実行結果■

実行結果(e-2-1)

数字を受け取るのでやっぱり「int」を使います。最初の部分に注目です。

int func(void);

今度は先頭に「int」が付いて()カッコの中は「void」になりました。

何も受け渡しがない時は「void」を書きます。

その後の内容を書く場所では「int func()」とカッコ内の「void」を省略できます。

受け取りは「int main()」内なので、そこに受け取るための変数「suji」を用意します。

そして関数「func」を呼び出して受け取ります!

suji = func();

ここで受け取ってます!

ではそのまま関数「func」内を見てみましょう。

int func(){
	return 10;
}

先頭部分は同じですね。中身は「return」と書いてあります。

日本語の戻るのような意味そのままに「10」を返してあげてます。

変数で返す

/*プログラム10*/
#include <stdio.h>

int func(void);

int main(){
	
	int suji;

	suji = func();

	printf("関数funcから受け取った数字 = %d\n",suji);

	return 0;
}

int func(){
	int suji = 100;
	return suji;
}

■実行結果■

実行結果(e-2-2)

変数「suji」として返しても大丈夫です!

あと初日にも説明しましたが、同じ名前でも「main」内と「func」内の変数「suji」は別ものです!

計算を返す

/*プログラム11*/
#include <stdio.h>

int func(void);

int main(){
	
	int suji;

	suji = func();

	printf("関数funcから受け取った数字 = %d\n",suji);

	return 0;
}

int func(){
	int suji2 = 10;
	int suji3 = 20;

	return suji2 + suji3;
}

■実行結果■

実行結果(e-2-3)
return var2 + var3;

計算を返すのも大丈夫です。

1つしか返せません!

今までの経験からなんとなく

return var2,var3;

このように「,」で区切って2つ以上の数を返したいトコロですが、これはできません・・・。

注意です。

「int main()」のお話

そういえば・・・。見覚えあるカタチですよね!

そうです。

int main(){

	return 0;

}

最初の方からお世話になっていた、「int main()」に同じような事が書いてますね!

実は「main」も関数の一つです。

その役目は、ここからプログラムを始めます!という役目をしています。

そしてやっぱり値を受け取ったり返したりしているのですが、そこの解説はまたの機会にしたいと思います。

文字を受け取る

/*プログラム12*/
#include <stdio.h>

char func(void);

int main(){
	
	char moji;

	moji = func();

	printf("関数funcから受け取った文字 = %c\n",moji);

	return 0;
}

char func(){
	return 'A';
}

■実行結果■

実行結果(e-2-4)

文字も同じように受け取る事ができます!

戻り値(もどりち)

今回は他の関数から数字や文字を受け取るやり方を学びました。

この受け取る数字や文字の事を戻り値(もどりち)っていいます!

なんとなーく覚えましょう!

配列や文章

この場合は渡す時と同じようにはいかないので注意です。

詳しくは4日目からのポインタの所で解説します!

次回

関数(まとめ)

□ページの先頭へ□

□目次へ戻る□

広告

↓2014年06月20日発売↓

14歳からはじめるC言語わくわくゲームプログラミング教室 Visual Studio 2013編

新品価格
¥2,500から
(2016/5/10 22:17時点)

↓2014年10月25日発売↓

超本格! サンプルで覚えるC言語 3Dゲームプログラミング教室

新品価格
¥3,110から
(2016/5/10 22:18時点)

↓2013年07月25日発売↓

小学生からはじめるわくわくプログラミング

新品価格
¥2,052から
(2016/5/10 22:21時点)

↓2016年05月13日発売↓

小学生からはじめるわくわくプログラミング2

新品価格
¥2,052から
(2016/5/10 22:22時点)

もっと!C、C++言語本