C言語 入門 STGの作り方

付録 DXライブラリとは

DXライブラリの入手方法と使用方法

HOME/STGの作り方 目次/付録 DXライブラリとは/

広告

↓2016年02月29日発売↓

12歳からはじめる ゼロからのC言語 ゲームプログラミング教室

新品価格
¥2,462から
(2016/5/10 22:16時点)

もっと!C、C++言語本

目次へ戻る

DXライブラリとは

DXライブラリっていうのはウィンドウズパソコン上で簡単なC言語だけですごいグラフィックや音楽なんかが使えるようになる素晴らしいライブラリの事です。

画像(s_d_1)

いろいろと切なかったC言語プログラミングが

画像(s_d_2)

ゴージャスに生まれ変わります!

画像(s_d_3)

3Dにも対応!

ちょっとお粗末な画像ですがもちろんもっとスゴイのも作れます。プレステ2ぐらいまでは余裕だそうです。

こちらの素晴らしい方々が作成してくださいました。

※DXライブラリ著作権表記

DX Library Copyright(C)2001-2014Takumi Yamada

使う時は忘れずに著作権表記をしましょう!

ではさっそく入手方法と使用方法を見てみましょう。

DXライブラリのダウンロード

まずはWEB検索

DXライブラリ ダウンロード

などで検索しましょう!

画像(s_d_4)

でてきた画面のそれっぽいトコロをクリック

画像(s_d_5)

こちらの画面になります

画像(s_d_6)

使っているコンパイラに合わせて(たぶんだいたいの方が一番上のVisual C++だと思います)ダウンロードして保存してください。

検索が面倒だ!という方はこちらをクリックしてください。リンク切れの場合はすいません。

ちなみにこのページは作者様のサイトになります。

トップページはこちらです!

画像(s_d_7)

わかりやすい解説とともにDXライブラリのサンプルプログラムなどものっておりますのでもっとDXライブラリを知りたい方、DXライブラリファンになりたい方はぜひ拝見しましょう!

ダウンロードしたファイルを解凍

解説は「Windows8.1パソコン」を使っております。

まずはダウンロードフォルダに移動します。

まずはスタートページのデスクトップをクリックしてデスクトップ画面に移動

画像(s_d_8)

デスクトップ画面の左下あたりのフォルダ?ボタンをクリック

画像(s_d_9)

でてきた画面のダウンロードというトコロをクリックします。

画像(s_d_10)

ちょっとごちゃごちゃしてますが、こちらがさきほどダウンロードしたDXライブラリになります。

画像(s_d_11)

注意!!!

さきほどのファイルをダブルクリックすればあとは解凍作業に入ります!

その時に解凍先のフォルダが聞かれます。その時は必ず

c:

と書いてあるフォルダを指定してください。

もしかしたら「パソコンのメーカー名c:」となってるかもしれません。

これはDXライブラリを保存する場所を指定する作業になります。

そして後ほどプログラムの方からこの保存した場所を指定するのですがここがきちんと指定できないとDXライブラリが使えなくなってしまうのです!(壊れるワケではないです)

なのでいつも使っているかもしれない「ドキュメント」とか「デスクトップ」を選ばずに「C:」という場所を選んでください!

解凍が終わったらこういう画面になるかもですが、ここはいったん閉じて大丈夫です。

画像(s_d_12)

DXライブラリ用のプロジェクトを作る

ここからしばらくは「Visual C++」の話になります。

プロジェクトを作ってそこにDXライブラリを組み込んでいきます。

まずは普通に起動して新しいプロジェクトを作ります。

画像(s_d_13)

「新しいプロジェクト」画面にいったら

1・Win32アプリケーションを選んで

2・名前を適当に決めて

3・OKボタンを押します

画像(s_d_14)

次の画面は「次へ」ボタンを押して次に行きます。

画像(s_d_15)

そしてこちらの画面で

1・Win32アプリケーションを選んで

2・空のプロジェクトにチェックを入れて

3・完了ボタンを押します。

画像(s_d_16)

プロジェクトが出来上がりました!

画像(s_d_17)

このままではプログラムが書けないのでソースファイルを追加します。

この画面のままで

1・右側のソースファイルの上で右クリック

2・メニューが表示されるので追加に合わせる

3・またメニューが出るので「新しい項目」をクリックしてください。

画像(s_d_18)

「新しい項目の追加」画面になるので「C++ファイル(.cpp)」を選んで右下の追加ボタンを押します。

画像(s_d_19)

プログラムが書ける状態になりました。

画像(s_d_20)

DXライブラリを組み込む

では出来上がったプロジェクトにDXライブラリを組み込んでいきます。

メニューのプロジェクトを選んで出てきたメニューの一番下のプロパティをクリックします。

画像(s_d_21)

「プロパティページ」画面になります。

この後は同じような項目がたくさん出てくるので間違えないように番号順にゆっくり選んでいってください。

まずは

1・構成プロパティ

2・C/C++

3・コード生成

4・ランタイムライブラリの順に選んで

5・右側の小さなメニュー矢印を押して出てきた項目から「マルチスレッドデバッグ(/MTd)」を選びます

まだ設定は残っているので右下の「適用」とか「OK」ボタンは押さなくて大丈夫です。

画像(s_d_22)

次にその画面のまま

1・左上を「Release」に変更します。

※作業中に「プロパティページへの変更を保存しますか?」と聞かれたら「はい」を選んでください。

2・次は直接ランタイムライブラリの右側のメニューを選びます

3・出てきた項目から「マルチスレッド(/MT)」を選びます

画像(s_d_23)

続けて同じ画面のまま

1・左上を「すべての構成」にして

2・全般

3・文字セット

4・文字セット右側のメニューを選んで

5・「マルチバイト文字セットを使用する」に変更します。

画像(s_d_24)

ここまでくれば後はDXライブラリを組み込んでいきます。

同じ画面のまま

1・「すべての構成」になっているのを確認

2・C/C++の全般を選ぶ

この時次の画面のようにならなかったら何回か「C/C++」とその「全般」を交互に選んでみてください。

3・追加のインクルードディレクトリ

4・メニュー

5・編集というトコロをクリックします。

画像(s_d_25)

追加のインクルードディレクトリ画面に切り替わるのでちょっと見づらいですが

1・フォルダマークのボタンを選んで

2・出てきた「...」のトコロをクリック

「ディレクトリの選択画面」が出てきます。

ここで最初の方にいったDXライブラリを保存した場所を選ぶ事になります。

画像(s_d_26)

Cドライブの場合は画面左側の項目の下の方に「C:」とついてるフォルダがあるのでそこを選び次にそのフォルダ内にある「DxLib_VC」というフォルダをダブルクリックします。

画像(s_d_27)

「DxLib_VC」フォルダに移るので

「プロジェクトに追加すべきファイル_VC用」

という項目を選んでその画面の下にある「フォルダの選択」ボタンを押せばひとまず完了です。

画像(s_d_28)

追加のインクルードディレクトリのトコロを確認してみてください。

画像(s_d_29)

続いてこの画面のまま左側の項目の下の方にある「リンカ」の「全般」を選びます。

画面右側のまん中あたりに同じく「追加のインクルードディレクトリ」という項目があるのでそこを選びます。

画像(s_d_30)

さきほどと同じ作業でCドライブから「プロジェクトに追加すべきファイル_VC用」を選んでください。

画像(s_d_31)

これでようやくDXライブラリ組み込み作業完了です!

「適用」ボタン→「OK」ボタンを押して元の画面に戻してください。

プログラムの実行確認

では簡単なプログラムを入れて実行確認してみましょう。

次のプログラムを内容は考えず入れてみてください。

#include "DxLib.h"

int WINAPI WinMain(HINSTANCE,HINSTANCE,LPSTR,int){
	DxLib_Init();
	WaitKey();
	DxLib_End();

	return 0;
}
画像(s_d_32)

入れ終わったらメニュー項目の「デバッグ」を選んでそこの「デバッグなしで開始(H)」を選びます。

画像(s_d_33)

画面全体がまっ黒になれば成功です!

画像(s_d_34)

ではでは大変長らくお疲れ様です!これから思う存分DXライブラリをお楽しみください!

□ページの先頭へ□

□HOME□

広告

↓2014年06月20日発売↓

14歳からはじめるC言語わくわくゲームプログラミング教室 Visual Studio 2013編

新品価格
¥2,500から
(2016/5/10 22:17時点)

↓2014年10月25日発売↓

超本格! サンプルで覚えるC言語 3Dゲームプログラミング教室

新品価格
¥3,110から
(2016/5/10 22:18時点)

↓2013年07月25日発売↓

小学生からはじめるわくわくプログラミング

新品価格
¥2,052から
(2016/5/10 22:21時点)

↓2016年05月13日発売↓

小学生からはじめるわくわくプログラミング2

新品価格
¥2,052から
(2016/5/10 22:22時点)

もっと!C、C++言語本

□ページの先頭へ□

□HOME□